高等学校 家庭科

教科書

書Ⅱ 010

B5版 変型判/82ページ
/オールカラー

書II

3大特徴

1.「漢字」・「仮名」の古典による学習がしっかり行える,資料の豊富な構成。
2.古典の背景や周辺文化に目を向け,楽しみながら学習できる囲み記事を随所に掲載。
3.高校生の視点を大切にし,見やすく習いやすいレイアウト,理解しやすい内解説と釈文・訓み下し文・大意。著作者野口 白汀(大東文化大学名誉教授)
関 正人 (日展評議員)

澤田 雅弘(大東文化大学教授)
辻元 大雲(書道芸術院常務理事)
土橋 靖子(大東文化大講師)
名児耶 明(五島美術館学芸部長)
荒井 一浩(東京学芸大学付属高等学校教諭)
大浦 舟人(栃木県立宇都宮中央高等学校教諭)
小倉 正俊(前群馬県立
高崎工業高等学校教諭)
國定  貢(群馬県立中之条高等学校教諭)
黒須  猛(埼玉県立上尾高等学校教諭)
齋藤 正夫(埼玉県立三郷北高等学校教諭)
白井  孝(千葉県立千葉商業高等学校教諭)
村松 慎介(埼玉県立宇都宮高等学校教諭)

主な内容

①書へのいざない
文字・文化・書

②漢字の書の学習
1.篆書を知ろう  2.漢字の原初の古典に学ぼう  3.篆刻・刻字に学ぼう  4.隷書を知ろう
5.草書を知ろう  6.行書の古典に学ぼう  7.楷書の古典に学ぼう  8.漢字の書の創作をしよう 
9.漢字の書作品を鑑賞しよう

③仮名の書の学習
1.仮名の書の美について知ろう  2.関戸本古今集に学ぼう  3.臨書から創作へ  
4.仮名の書の創作をしよう  5.仮名の書作品を鑑賞しよう

④漢字仮名交じりの書の学習
1.漢字仮名交じりの書とは  2.表現の工夫をしよう  〈発展学習〉木簡・竹簡の表現を参考にしよう
3.表現を楽しもう  くらしの中の書

シラバス案・評価規準例

本シラバス案・評価規準例は、小社の教科書「書II・010」を使用し授業を進める際の一例として作成したものです。
学校の実態にあわせ、工夫しながら活用ください。

・「書 ll 」シラバス案(Excel形式)

・「書 ll 」評価規準例(Excel形式) 

 
page先頭へ