高等学校 家庭科

図書

考えるっておもしろい

B5判/160ページ/モノクロ/並製本

価格:本体2,600円+税

北陸家庭科授業実践研究会 Ver.2 編

ISBN978-4-87730-339-6

考えるっておもしろい

家庭科でつなぐ子どもの思考

 研究会のメインテーマは,前研究会から継続し「『子どもの探究を促す,思考を深める』授業をどうつくるか」として授業を開発してきた。本研究会では,それに加え,授業の分析や評価についても検討してきた。子どもたちの思考や探究を分析したり評価したりするのは困難であるが,その可能性を模索した。その意味で,本書は,前著「子どもの思考を育む」に続く第2弾と位置づけられる。前著と併せて読んでいただけると,私たちの研究の軌跡がおわかりいただけるのではないかと思う。
 本書作成にあたっては,学生や家庭科担当ビギナーの方にも理解しやすく授業を再現できるように工夫している。まず,授業の特徴がイメージできるように,各実践にキャッチコピーとキーワードを示している。また,指導過程や教師の意図・発問,子どもの思考の流れを明示したり,思考を育む授業場面の一部を再現したり,写真やワークシートを掲示したりしている。それに関連して,授業で用いたワークシートや資料,板書などを,教育図書のホームページから入手できるようにしている。読者は,それらを自由にアレンジして利用できる。(「はじめに」より)

「つなぐ」をキー・コンセプトに,小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の13の実践事例と掲載!

 
●紙面の例
考えるっておもしろい

おもな内容
Ⅰ 体験と思考をつなぐ

 ・オリジナルバックの製作を通して考える力を育む
 ・ステップを踏んで家族の食事を作ろう
 ・なぜ,いろいろな食べ物を食べるのだろう
 ・「素材を味わう」をタテ糸として食の主体を育む
 ・廃品の傘布を利用したエコバックの製作
 ・五感が喜ぶ豚汁を作ろう

Ⅱ 社会の課題と自分をつなぐ

  ・家族との関係を問いなおし自分の思いを発信しよう
  ・15年後の家族の暮らしを想定し,「帰りたくなる家」を考える
  ・これからどう生きていく?仕事・結婚・子育てを考える

Ⅲ 自己と向き合う

  ・「あたたかい制服の着方」の工夫を日常の家庭生活に生かす
  ・気持ちと身体と行動をつなぐ,ストレスとコミュニケーション
  対処スキル
  ・衣生活の学習をとおして学ぶ自己表現と意思決定

Ⅳ 領域をつなぐ

  ・地球市民の視点から自分の暮らしを振り返る
 
page先頭へ