価格18.900円(本体18.000円)
指導 名児耶明(五島美術館学芸部長)   片面1層ディスク/カラー/解説書付き/55分

初心者でも楽しめる鑑賞の方法を紹介しています。

まずは鑑賞のマナーと基礎知識を学びます。
館内での一般的な鑑賞マナーと、書がどんな芸術でありどんなふうに見て楽しめばよいのかといった基礎知識を、分かりやすく紹介しています。

鑑賞の授業でコミュニケーション能力を育成する
本教材では、高野切を題材に、対話型鑑賞を用いた模擬授業が収録されています。対話型鑑賞とは「みる・くらべる・かんがえる・はなす・きく」といった鑑賞プログラムによって、知識だけに頼らず、みる人同士の対話を通して作品の理解を深めていく鑑賞方法です。生徒同士、先生と生徒、それぞれが対等に対話する中から数々の気付きと共感・共有が生まれ、新たな鑑賞の世界が広がっている事を実感してください。

◇ 主な内容 ◇
■美術館・博物館 快適鑑賞のヒント(6分)
■はやわかり!ゼロから始める書の鑑賞(11分)
■書作品の取り扱い方(11分)
■みる・くらべる・はなす(35分)
鑑賞基礎の基礎

全1巻(2枚組) 価格25.200円(本体24.000円)

好評のNHKビデオ教材「文房四宝」が、先生方のご要望にお応えして、DVD教材になりました。

特長
・DVDなので「墨」「硯」「筆」「紙」それぞれの工程をかんたんに頭出し、繰り返し再生できます。
・パッケージがコンパクトなので、持ち運びや収納が簡単です。

価格 16.800円(本体16.000円)
片面1層ディスク/カラー/解説書付き/本編37分/特典映像5分

初めて書道を学ぶ人に、書道の基礎、基本をわかりやすく紹介する教材です。
「すべての基本事項をじっくり学ぶ」などどんな学習方法にも対応できる内容構成です。


価格 12.600円(本体12.000円)
片面1層ディスク/カラー/解説書付/本編20分

用具・用材から刻り方、押印まで、篆刻の全プロセスを丁寧に紹介しています。
手元をアップでとらえたリアルな映像なので、印刀の細かな動きまで観察できます。




|戻る|