(資料3)
古典の基本点画の学習 楷書 No.3

●横 画
左から斜めに鋭く入る。力を抜かずに同じ太さで横に線を引く。そのまま止める線と、止めてから右上に抜く線がある。
●縦 画
左から斜めに鋭く入る。太め、まっすぐに縦に引く。抜く時は、一度止めるようにしてから、ゆっくりと。
●転 折
鋭く左斜めから起筆し、太く縦画を書く。横画を書いたら、一度髪から筆を離し、斜めに切る。さらに、斜めに切る。右上がりよりも水平に近い。
●右払い・左払い
左払いは、力を抜かずに押すように運筆する。右払いは斜めに引き、横に抜く時は三角形に抜く。
●点
三角形に抜く点と三角形に押して書く点がある。




|戻る|