コロナ禍のなかで家庭科の実習授業をどう実践するか?中学校編

新型コロナウイルスの影響で学校の授業は大きな影響を受けています。なかでも家庭科の調理実習は感染リスクが高く、多くの学校で授業を見合わせているのが実情です。
そんな中、万全の感染症対策を施し、さまざまな工夫を凝らし調理実習の実践に取り組んでいる京都府立洛北高等学校・京都府立洛北高等学校附属中学校の竝川幸子先生の授業をレポートします。

高校編はこちら

感染対策

「実習はできるのでしょうか・・」新型コロナウイルス感染症の影響は、家庭科教育にも大きな影を落としました。しかし、調理実習や被服製作は、生徒の興味・関心を高める上で必要不可欠なもの。何としても実施したいという思いから、様々な配慮や工夫をして取り組んだ6月・7月の「食に関する授業」について、紹介したいと思います。
まず、文部科学省等から示された新型コロナウイルス感染症対策について、特に次の項目に着目し配慮しました。(手洗いや身支度の徹底などは、これまでも行っています)

◆マスクの着用や共有の教材、教具、機器、設備などを適切に消毒するとともに常時換気する
◆共用の教材、教具、機器や設備などを触る前後で手洗い・除菌行為を徹底する
◆実習においては教員・生徒同士の接触を極力避け、個人で使用する材料や道具の配布及び回収は生徒個人が行う
◆生徒同士の距離を可能な限り確保(概ね1~2メートル)し、対面とならないよう配置する
◆空間を分割した少人数での活動を行う

これらを徹底したうえで、次にような授業を行いました。

中学3年生:子どものおやつ「しそ餅」

通常行っている授業は次のようなものです。

道明寺粉(どうみょうじこ)4班分を熱する→蒸す→4分割する→各班で5等分にする→1人1個しそ餅の形にする。扱いやすい分量で実習するため、グループ実習が不可欠です。

今回は、既製の「しそ餅」を昼休みに教室で配付、生徒は昼食後のデザートとして試食します。5限目教室で「しそ餅」の作り方を説明。しそ餅の感想を聞くと共におやつの意義等について学習しました。

生徒の食事中、使い切りタイプの手袋をしてしそ餅を配付。

個別包装したしそ餅

スクリーン

5時限目、家庭科経営室でスクリーンを使って作り方を説明。

ボトルの上にカメラを設置作業内容がスクリーン映る。

様子を見つつ手伝う生徒たち。

手元を映すカメラとスクリーンを使うことで、作業内容がよく分かり、しそ餅を作る工程が理解しやすくなりました。この授業を元に家庭でも作ることができます。