「公共」で経済をどう扱うか ―現場のアクティブ・ラーニング論―

 

現役の若手公民科教員によるアクティブ・ラーニングの実践レポートをお届けします。公民科目のなかでも抽象度が高く生徒の関心をかきたてずらい「経済」の分野で、身のまわりにある経済事象を教材に用い、工夫を凝らした授業を展開しています。教員1年目の失敗を経て、来るべき「公共」の授業を見据えたアクティブ・ラーニングな経済の授業とは?

経済学部は人気だけれども…

公民科の教員として、教壇に立ち始めて5年目を迎えました。現在の勤務校では、「経済入門(高3)」という選択科目を担当しており、経済や経済学がどんなものか知りたい、という生徒を対象に、高校から大学への橋渡し教育のような授業をしています。

大学入試において、文系学部の中では経済学部は人気学部のひとつである一方で、経済分野自体は「抽象的でイメージが湧きづらい」など、苦手意識を持たれやすい分野です。実際に、高校の教科書は用語の説明が中心となっており、現場の教員にとっても授業を面白くするための「切り口」を見つけること自体がまず一苦労ではないでしょうか。

こうした中、2022年度には新科目「公共」が新設され、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点に立った授業改善が求められることになります。経済学習でも単に用語を覚えさせる授業から、何を変え、何を変えるべきでないか、現場レベルで試行錯誤を積み重ねていかねばなりません。本稿では、私自身の実践やその反省を紹介しながら、経済分野の授業で押さえるべきだと考える「3つのポイント」について論じます。

経済学習を身近にする「切り口」

第1のポイントは、「議論したくなるように教える」ことです。教育系の講演会では「教えないで議論させる」実践が紹介されることもありますが、経済分野では例えば「アベノミクスについて調べて話し合ってみよう」といっても、生徒にとってはとっつきづらいものがあります。議論の前に、学習内容を面白い「切り口」で提示し、問題提起をすることで生徒の興味・関心を喚起する工夫が不可欠です。

例えば今年度の授業で「市場経済の機能」を扱った際に、時間帯によってメニューの価格が変わる定食屋(図1)を、切り口として用いました。このお店は、客の数が座席数を上回る(超過需要の)時間帯になると価格を引き上げ、ランチに「1500円支払っても良い」と思える客に来店してもらおうという仕組みをとっています。まさに、教科書にある市場メカニズムを体現したような販売方法です。

この事例を紹介した後、一部の生徒からは「理屈は分かったが、こんなのは嫌だ」という声が寄せられました(笑) 彼らの意見は、「1500円支払えるか否かはお客の支払い能力に依存するので、このやり方は公平ではない」というものでした。経済学習では、こういった反発や違和感が生徒の側から出てくることが大切で、市場メカニズムを暗記させるのではなく、価格を通じた資源配分の仕組みとして捉えさせることに勘所があります。

図1 高3「経済入門」スライド資料

ダイナミックプライシング

出所:Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/ef7919015edf29fe35fc6cf9c41451445aee1f5f)を参考に筆者作成。

参考までに先ほどの定食屋の話は、経済学者の大竹文雄先生(大阪大学)のTwitterを見ているときに知ったものです。高校教員は特定の分野の専門家ではないので、各単元の面白さを教員自身がひと足先に体感するためには、①知識・概念の整理、②知識・概念の活用――の双方で魅力的な水先案内人を見つけることが肝要です。表1は、私が授業準備の中で「これは面白い!」と思った書籍やWebページの一部を、分野別にまとめたものです。
これらのコンテンツは分かりやすいだけでなく、書き手の問題意識が非常に明快かつユニークで、こんな風に勉強すると面白そうだな、と思わせてくれる「何か」を含んでいます。

表1 経済分野の参考文献

※「分類」の①は「知識・概念の整理」向き、②は「知識・概念の活用」向きであることを意味する。

コメント

  1. まつもとくにと より:

    とっつきにくい経済学を題材に、いかに興味を引き立てられるか工夫、奮闘しているかが分かった。
    深く議論をするために知識、資料を準備しているのが分かり、こんな先生に教えてもらいたい!