コロナ禍のなかで家庭科の調理実習をどう実践するか?高校編

新型コロナウイルス感染症のため、家庭科の多くの先生は調理実習の授業をあきらめていませんか?
さまざまな工夫を凝らし、実習授業を実現している京都府立洛北高等学校・京都府立洛北高等学校附属中学校の竝川幸子先生の高校家庭科の授業をレポートします。

中学校編はこちら

高等学校「四季彩食」の授業

「四季彩食」とは本校で設定した「食」を中心に学ぶ講座です。今回は調理の基礎・基本「野菜の切り方とミモザサラダ」の授業を行いました。

野菜やじゃがいもを使い、各自が様々な切り方を練習して調理する2時間連続の授業です。
通常はじゃがいもをゆでるのは1つの鍋を使って班で作業をしますが、感染症予防のため今回は一人ずつ調理台を使う「ひとりクッキング」を行います。

今年度は講座選択者が5名、調理台は8台あるのでゆとりをもって実習ができます。今後も「ひとりクッキング」を継続します。食材や調理器具は教員が準備し、各生徒が調理をして各自の容器に詰めて教室へ持ち帰ります。昼休みに試食することができるので、食中毒の心配もありません。

本来は、生徒が作ったものを試食するのですが、今回は禁止。一緒に試食し、切り方や味などについて評価できないのは残念です。

まずは事前の準備をご紹介します。

感染症対策のために、実習前にまな板や包丁はアルコール消毒します。

実習で使用する調理器具も消毒、ペーパータオルで拭きます。

食材を切る

材料の準備には使い切り手袋を使用します。

調理はマスク着用の上、ソーシャルディスタンスを取りながら「ひとりクッキング」で行います。

ひとりクッキング

ひとり一台の調理台を使えるため、スペースはゆとりがあります。

みもざサラダ

おしゃれなミモザサラダが完成!

新型コロナウイルス感染症の影響で休校、授業再開後の最初の調理実習でした。感染症対策として、調理器具などにアルコール消毒(調理器具や食品にも使用可能)をしていましたが、アレルギーや手肌のかぶれなどに配慮し、翌週の実習からは新型コロナウイルス対策対応の台所用洗剤で丁寧に洗浄後、ペーパータオルで拭くようにしました。